• ホーム
  • 医薬品で副作用が起きた場合どうすればいいのか?

医薬品で副作用が起きた場合どうすればいいのか?

2020年04月17日
薬を飲もうとしている男性

医薬品は、私達が毎日を健やかに過ごすために欠かす事の出来ない存在です。
食べ過ぎ等による腹痛や胃痛、風邪等のような身近な症状の改善から、生死に関わる重い病気の治療まで、どの場合においても医薬品は重要な役割を果たしてくれます。

しかし、この医薬品は効果を発揮してほしい部分以外にも影響が出てしまう場合があります。
それが副作用です。
例えば風邪を引いてしまい風邪薬を服用したら、鼻水等の症状は改善されたけれど、強い眠気に襲われてしまった等のケースが考えられます。

この副作用は服用した薬の種類によって、現われ方が異なります。
一般的には鎮痛剤を服用した場合には胃腸障害や肝障害等、胃腸薬や精神安定剤等を服用した場合には眠気等が起きるとされています。

このような副作用が出来るだけ起きないようにするためには、まず一つ目として正しい服用方法を守る事が大切です。
飲み方を間違えただけでも、副作用のリスクが高くなる場合もあるからです。
二つ目として、自分が服用する薬に対しての理解を深める事も大切です。
その薬の副作用の特徴を知っておく事で、いざという時に正しい対処が出来るからです。
ただ、万が一にも副作用が起きた場合の対処法としては、すぐに服用を中断して医師に相談する事が大切です。