• ホーム
  • 夜中に体調悪化!救急車か夜間診療かの選択はどうする?

夜中に体調悪化!救急車か夜間診療かの選択はどうする?

2020年05月04日

夜間に急に具合が悪くなった時、救急車か夜間診療かで迷う方は多いのではないでしょうか。
自分自身の体調の悪化だけではなく、苦しんでいる家族を目の前にすれば気も動転していると思います。
そういった状況でどういう選択をすればいいのかわからなくなるのは当然のことです。

救急車か夜間診療かを決められない時は大体、救急車を呼ぶことを躊躇していることが多いです。
本当に救急車を呼ぶという選択をしなければならないような状態なのか、素人ならば簡単に見分けられません。
安易に救急車を呼んではならないというマナーもあります。
ただ、緊急性の目安となる症状がリストアップされた資料があります。
それを参考にして、意識の無い場合や痙攣している場合等はすぐに救急車を呼びましょう。
予め、そういったものに目を通しておくことが必要です。

その他、救急車か夜間診療かで迷ったら、症状を相談できる電話窓口やサイトを頼るのも一つの選択です。
慌てていると相談するのも難しいかもしれませんが、この方法が最も確実です。
緊急性が高いと判断されれば救急要請もしてくれますし、低いと判断されれば地域の当番医を紹介されたりします。

いつ具合が悪くなるか、いつ怪我をするかは誰でも予想できません。
救急車か夜間診療かで迷って誤った選択をしないよう、常に知識を備えておくことが重要です。