• ホーム
  • 実際にバイアグラを使って出た副作用の事例

実際にバイアグラを使って出た副作用の事例

2020年02月29日
薬を飲む男性

バイアグラとは、EDの改善等に用いられる薬です。
バイアグラは元々は狭心症の治療薬として開発が進められていましたが、後にEDに対する効果も認められたため、ED治療薬としても販売がされるようになりました。

バイアグラは経口服用タイプの薬になります。
バイアグラをED改善のために用いる場合には、性行為を行なう1時間前に水等で服用します。
効果が現われている時間は、一般的には5時間程度とされています。

また、バイアグラは性的興奮を感じないと効果を発揮しないという特徴があります。
なので、あくまでもEDの改善をサポートをしてくれる薬だと考えておいたほうが良いです。

バイアグラはEDに対する効果が期待出来る薬ではありますが、その反面で副作用が起きる場合もあります。
代表的なものとしては、顔のほてりや頭痛、動悸等があります。

世界的にバイアグラが注目されるようになった頃、日本では個人輸入で購入して服用する人も多く出ました。
しかし、医師等の指導を受けないで服用したために、重い副作用を起こす事例が複数報告され、中には心肺停止をするという事例もありました。
このような事のないように、服用に際しては医師の指導の下で正しく服用する事が大切です。